【米国株】利回り5%越え iシェアーズ 米国優先株式 ETF

はじめに

こんにちは。先日、私が保有している米国株ETFで分配金が振り込まれました。折角ですので私が保有している銘柄を少しづつご紹介していこうと思います。

初回の本日は、「iシェアーズ米国優先株式ETF」という銘柄です。ティッカーシンボルは「PFF」。キャピタルゲインではなく、インカムゲイン(配当)を重視した銘柄です。2018年10月31日時点の配当利回りは、5.26%です。

iシェアーズ米国優先株式ETF」通称、PFFとは

PFFブラックロック社から提供されている銘柄なのですが、本銘柄の目的は、"米国の優先株式で構成される指数と同等の投資成果をあげること" となっています。

優先株って何?

はい。そうなると優先株ってどんな株なの? となりますよね。優先株の定義を記載すると細かくなりますが、今回の趣旨としては"議決権がない・剰余金の配当を受けられる株式"という意味と捉えましょう。通常株を保有すると株主総会での決議に参加でき、票を入れることで企業活動への意見を述べる権利が得られます。一方で、優先株(今回の意味では、議決権がない株式)は、議決権を放棄する代わりに配当金が多くもらえる権利(剰余金の配当)を得ます。企業からすると、株式を保有してくれて、企業活動に口出ししない株主は有難い存在ですよね? そういう意図があります。

実績は?

では、PFFの実績を見てみましょう。

www.blackrock.com

以下は、ブラックロック社のサイトからキャプチャした価格の推移です。過去10年間分になりますが、ほとんど価格の変動がないのが分かります。これが優先株式の魅力です。安定した株価の元、長期に渡って高利回りの配当収入を狙うのが目的となります。

また、PFFは毎月配当が得られます。人により感じ方があるかもしれませんが、毎月収益を実感できるのも良い点かもしれません。

f:id:hydech:20181110140138p:plain

上記グラフを見ると、2008年に大きく下落し、回復しているのがわかります。皆さんお察しの通り、リーマンショックの影響ですね。債券とかではなく、あくまで株式です。そのため、このような暴落期には価格は下落しますので注意してください。とはいえ、すぐに回復しており非常に安定しているのが魅力な銘柄です。

基礎数値

もう少し細かい商品の情報を見ていきましょう。以下は、ブラックロック社サイトから取得した情報です。1.5兆円規模の商品となります。300程度の企業の株式が組み込まれ分散されています。取引高も高く良いですね。商品を選定する際には、取引高(流動性)も意識しましょう。売りたい時に売れないようでは、投資から撤退ができませんからね。

f:id:hydech:20181110143029p:plain

組み入れ銘柄

ETFですので、複数の企業の株式を組み合わせた商品です。折角ですので、構成比率の高い銘柄を確認しましょう。2018年11月8日時点の組み入れ上位10個の銘柄がこちらです。どうでしょうか。金融セグメントが多いと感じますよね。この辺りも米国経済・株式市場が打撃を受けた際には、価格のある程度変動すると思う理由です。

ティッカー 銘柄名 業種 保有比率(%)
BDX BECTON DICKINSON AND COMPANY ヘルスケア 2.20
ALLY GMAC CAPITAL TRUST I 金融 2.05
BACR BARCLAYS BANK PLC 金融 1.95
C CITIGROUP CAPITAL XIII 金融 1.77
BLKFDS BLK CSH FND TREASURY SL AGENCY キャッシュ等 1.36
SRE SEMPRA ENERGY 公益事業 1.30
WFC WELLS FARGO DEPOSITARY SHARES CO 金融 1.22
C CITIGROUP DEPOSITORY INC 金融 1.19
PNC PNC FINANCIAL SERVICES GROUP INC ( 金融 1.15
HSBC HSBC HOLDINGS PLC 金融 1.08
ちょっと試算してみましょう

では、毎月配当金がはいるPFFで、どの程度の資金を投資すると、どの程度の分配金が得られるのかを試算してみましょう。(この計算をしている時が一番楽しいという。。)

例えば、100万円を投資場合を考えましょう。2018年11月9日の価格が、PFF 36.10USドル、ドル円が、113.8円です。また、分配金単価(1PFFあたりの配当金額)が、0.156USドル。この数値を利用します。

PFF購入可能数 = 36.1 / (100万円 / 113.8 ) = 243 枚
1PFFあたりの配当金額が0.156USドルのため、243 x 0.156 = 37.9 USドル

以上より、毎月4,300円程度の配当が得られます。悪くないですね。

逆に言えば、毎月1万程度の配当が欲しいのであれば230万程度の投資、10万程度の配当が欲しいのであれば2300万の投資が必要となります。

※上記計算に20%の税金が含まれていないのはご容赦ください。

まとめ

はい。以上が「iシェアーズ米国優先株式ETF」(ティッカー PFF)のご紹介でした。インカムゲイン狙いの方にはお勧めできる銘柄かと思います。私も末永く愛用させていただこうかと思っています。

三菱UFJ銀行と三井住友銀行のATMが相互利用無料化

はじめに

皆さんこんにちは。本日(11/7)は、午後にプレスリリースされたニュースを取り上げたく思います。

その内容は、日本のメガバンクの2行、三菱UFJ銀行三井住友銀行がお互いのATMを共通化するというものです。これは、利用者からすると良いニュースに見えますね。少し新聞記事の内容を見てみました。

三菱UFJ・三井住友銀、相互にATM無料化 :日本経済新聞

内容

記事によると、ATM共通化により得られるメリットは以下です。

  1. 手数料無料化:対象は、三菱UFJ銀行三井住友銀行の預金者。両方のATMで平日日中に現金を引き出す際。
  2. 対象ATM:まずは、店舗外の2300箇所程度を対象とする。将来的には全ATMの開放も検討する。

まずは手数料ですが、手数料無料になる時間帯は変更はなさそうですね。引き続き平日日中のみ。ですが、お互いのATMで引き出せるのは便利かもしれませんね。いちいち自身の銀行のATMを探す必要がありませんから。(え!? コンビニATMを利用するって。まぁまぁ。

ただ、記事の内容からすると引き出しのみが対象でしょうか。やはり振り込みとかは対象外になりそうな感じを受けますね。本当はここを対応して欲しいのがユーザの思いですよね。

対象ATMも、まずは一部分から始めるとのことです。ちなみに2300ATMというのはどの程度の割合なのでしょうか。

参考に、三菱UFJ銀行さんのHPによると以下のようです。恐らく当行ATM設置台数の方でしょうね。まずは、25%程度は対応するつもりかなと感じます。

ATM設置台数77,000台。内、当行ATM設置台数は約8,000台
※平成29年3月末時点の当行ATM ・提携金融機関・提携先コンビニATMセブン銀行ATM、ローソンATM、E-netATM)のATM台数

まとめ

以上、11/7のニュースからでした。よくよく思い返すと、今年の5月に以下のニュースがありましたね。

www.nikkei.com

企業としての狙いは共通化によりATM台数の削減。保守費用の削減とのことでしたね。実現できたらユーザの手数料を削減するなどして、還元してくれるとユーザとしてはうれしい限りです。(笑)

尚、こんなニュースも見つけました。あれ、、みずほさんは??

www.zakzak.co.jp

個人間送金アプリ Kyash(キャッシュ)の障害影響(自動チャージ機能の一時的制限)

はじめに

皆さんこんにちは。昨日、Kyashの記事を書いた手前申し訳ないのですが、メンテナンスのアナウンスがありましたので記載しておきます。

内容

Kyashは2018年11月3日(土)に決済が一部実施出来ないという障害を出していました。その障害を受けて、11月3日(土) 18時18分から自動チャージを伴う決済機能を制限しているとのことです。

11月3日(土) の障害に伴う自動チャージ機能の一時的な制限と現状のご連絡 - お知らせ・メンテナンス情報


自動チャージを伴うという部分がポイントですね。既にチャージされた分を利用する分は問題ないのでしょう。決済時に一部金額が不足した場合、今までは自動でチャージされて決済がされていました。Kyashの非常に便利なこの機能が制限ということですので、利便性に影響がでそうですね。

まとめ

勿論、自動チャージを利用せずに手動チャージして利用する分には問題ありません。また情報が更新されたら記載したいと思います。

個人間送金アプリ Kyash(キャッシュ)を利用してみた。

はじめに

こんにちは。本日は少し話題を変えまして、個人間送金サービスである「kyash」を利用してみたのでその感想含めご紹介です。

2018年11月6日 追記。Kyashの障害影響で自動チャージを伴う決済が制限されており利用できない状態です。ご注意ください。
個人間送金アプリ Kyash(キャッシュ)の障害影響(自動チャージ機能の一時的制限) - MasterNoders

Kyashとは

Kyashとは、2015年に設立された株式会社 Kyashにより提供されている個人間送金サービスです。LINE Payとかをご存知の方は同じ類のサービスになりますね。Kyashはアプリ上にバーチャルのVISAカードが発行され、そのカードを利用してオンラインショッピングをしたり、別の人へ送金したりすることができます。

kyash.co

Kyashの特徴をまとめると以下かなと思っています。

  • Kyashアプリへのチャージが簡単。クレジットカードから自動でチャージが可能。
  • ユーザの手数料は無料。
  • 登録が簡単。
  • kyash上の資金を(kyashの)クレジットカード経由で利用できる。

それではそれぞれの特徴を見ていきましょう。

特徴①:Kyashへのチャージが簡単。クレジットカードから自動でチャージが可能。

こちらですが、まずはkyash利用にあたってのお金の流れを理解する必要があります。kyashでは、自身が保有するクレジットカードを登録できます。このクレジットカードを利用してKyash上でのチャージが可能です。しかも、決済時に不足があった場合は自動で必要な分をチャージすることが可能です。

私もこの方法を利用しており、事前にチャージをする必要がなく非常に便利です。登録できるクレジットカードは、VISTA・MasterCardとなります。

一方で、クレジットカード以外のチャージ方法もあります。こちらは自動でのチャージになりませんが、他にも方法はありますよということでご紹介だけしておきます。

特徴②:ユーザの手数料は無料。

銀行振込でも、仮想通貨の送金でも手数料がかかるのが普通ですよね。Kyashではそのような手数料がありません。そのため、少額の送金に向いていると言えます。(それが狙いでしょうしね)

特徴③:登録が簡単。

Kyashの登録に、面倒くさい手続きは必要ありません。メールアドレスと電話番号があれば登録可能ですので、すぐに利用を開始できます。

特徴④:kyash上の資金を(kyashの)クレジットカード経由で利用できる。

こちらですが、Kyash上にバーチャルカードを発行できると特徴①でお伝えしました。このバーチャルカードはオンラインショッピング等で普通のクレジットカードとして利用できます。

よく、この手のアプリ上にチャージをし過ぎて使い道がなく困るという方がいます。ですが、Kyashではこのような不安は無用と言えます。オンラインショッピングで利用できるなら問題ありませんよね?

また、店頭で利用する方法もあります。実は、Kyashはバーチャルカードの他にリアルカードも発行できます。リアルカードは、そのままクレジットカードです。Kyash上のバーチャルカードを具現化したものとでも言いましょうか、実際の店舗で利用可能です。

Kyash上に残金があればそこからお金が引かれますし、不足分は登録したクレジットカードからチャージされます。非常に便利ですよね。

セキュリティに関して

この手のアプリを利用する際にセキュリティが気になる方も多いかと思います。Kyashは個人情報の提示は最小限で済むのでその点はありがたいですが、クレジットカードの登録は必要になるので、やはり気になるところかと思います。

KyashはPCI DSSという国際的なセキュリティ規格に準拠しています。PCI DSSとは、クレジットカード情報を取り扱うシステムに求めるセキュリティレベルを規定しています。そのため、一定のセキュリティ対策は実施されていると考えて良いでしょう。

※逆にいえば、クレジットカード情報を取り扱うシステムでPCI DSSに準拠していないサービスの利用は止めましょう。

そういえば、ポイント的な話。

Kyashのサイトにアクセスした方はお気づきかと思いますが、Kyashのバーチャルカード・リアルカードでの決済時は2%の還元があります。これはKyashアプリの残高として反映されます。この2%の還元率というのは異常な高さで、素晴らしいですね。尚、公共料金の支払いや、電子マネーへのチャージ等は対象外ですのでご注意ください。

kyash.co

また、すでにお気付きの方もいるかと思いますが、Kyashのカードへのチャージを自身のクレジットカードからチャージすれば、ポイントの2重取りが可能となります。Kyashのクレジットカードで2%、ご自身のクレジットカードで1%の還元率であれば合計3%です。この還元率を実現する方法はなかなかありませんよね。

尚、この手の還元率は時間の経過と共に(利用者の増加と共に)改悪されることが一般的です。いつまで利用できるかわかりませんが、興味あれば利用してみてください。

まとめ

はい。ここまでKyashという個人間送金アプリのまとめでした。色々と書いていますが、一番のメリットは飲み会・食事の割り勘が簡単ということですね。細かい、お釣りなど気にする必要が一切ありませんからね。皆さんも利用してみてください。

【書評】仮想通貨トレード法人の設立と節税

はじめに

皆さんこんにちは。今回はとある書籍を読んだ感想とそのご紹介です。その書籍とは、「仮想通貨トレード法人の設立と節税
個人投資家のための起業 A to Z」というものです。法人設立に関する書籍は多々見受けられますが、仮想通貨に限定した書籍というところが珍しいですね。


著者に関して

内容に入る前に、著者に関して簡単にまとめておきます。この書籍は2名の方により執筆されています。それぞれ公認会計士と税理士を職業にしておりプロの方ですね。面白いなと思ったのが税理士の方は、元々の出身がシステムエンジニアのようです。エンジニアの業界から会計・税理士業界への転身とのことで興味深いですね。

余談ですが、エンジニアは対象システムが担う業務の内容を分かっていないとシステムの構築や維持管理ができません。証券系や金融系のシステムを担当されていたエンジニアであれば、知識としてある程度は有していたということかもしれませんね。私見ではありますが、今後、IT x "何か" というのは非常に重要な要素だと思います。エンジニアとしてのスキルに加えて、プラスαの能力がある人は特に強いだろうなと思っています。

内容

話が少しそれましたが、本題に入っていきましょう(笑)。目次は以下のようになっています。

  • 第1章 仮想通貨トレードと個人投資家
  • 第2章 法人化のメリットとデメリット
  • 第3章 仮想通貨トレード法人をつくろう
  • 第4章 仮想通貨トレード法人の基本的運営
  • 第5章 役員報酬の決め方
  • 第6章 法人の税務会計処理
  • 第7章 仮想通貨トレード法人で節税しよう
第1章

第1章では、我々が日々関わっている税金と控除に関して簡単にまとめられています。その後、仮想通貨取引で生じる利益をパターン別に記載しています。確かに仮想通貨で利益を上げるパターンというのは、他の投資商品と異なる部分がありますね。購入・売却はもちろんですが、マイニングであったり、分裂などは仮想通貨特有かと思います。このあたりが簡単にまとめられています。

第2章

第2章では、法人化のメリット・デメリットがまとめられています。まずは、ここを知りたいという方が多いのではないでしょうか。当然、法人化によって良いことばかりではありません。法人化することで法律的な手続きのほか、法人を維持するための日々のランニングコストもかかります。本章を読むことで、どの段階になったら法人化を検討するべきかの判断指標の参考にしましょう。

第3章

第3章は実際に法人を作成する際の注意点や流れに触れています。法人というと株式会社を皆さん思い浮かべるかと思いますが、法人にも様々な種類があるいます。著者は、こと仮想通貨のトレードを目的としているなら「合同会社」で十分と述べています。詳細は書籍をお取りいただきたいですが、このように法人化にあたっての具体的なアドバイスや進め方を知ることができます。

第4-7章

第4章以降をひとまとめにしていますが、第4章以降は法人設立後の運営方法や、節税方法が記載されています。この章だけで、法人の運営ができるようにはならないと思いますが、考慮するべきポイントはまとめられている印象です。実際に法人化をする段階では、別途専門の書籍も参考にするべきでしょう。

まとめ

はい!。以上が書籍の簡単な紹介でした。読書後に思ったのは、やはり仮想通貨と法人化という組み合わせの本が少ないので、非常に稀有な存在だなと思いました。まだ法人化に向けての知識がなく、調べてみようという段階の人の初めの1歩に最適かなと思います。この本をスタートとして、より専門的かつ実務的な書籍に移っていくという流れになるかと思います。

それでは。

セキュリティは大事。ADK WalletをLinux(Ubuntu)で使ってみた。

はじめに

こんにちは。皆さん、仮想通貨の保管方法は大丈夫ですか? 取引所に多額の資金を保存していませんか? ウイルスに感染したPCを利用していませんか?
ということで、今回は仮想通貨関連だとおなじみであるWalletに関してです。

Walletの管理は大事

私は、資金保管用のWalletは専用の端末で管理しています。(日々利用する用のアドレスとは分けています) 仮想通貨界隈では取引所のハッキングにはじまり、セフルGOXも後を絶えません。いつWalletの鍵を盗まれるかわかりません。一度盗まれて別のアドレスに送金されたら、取り戻せないのは皆さんも色々なニュースや事例でご存知の通りかと思います。というわけで、大金を扱うWalletの取り扱いには注意を払っている次第です。

ADK(Aidos Kuneen)のWalletをLinuxで利用しよう!

今回は、私もホルダーであり応援しているADK(Aidos Kuneen)を専用端末であるLinux端末で利用するようにしました。

Aidos Kuneen – Hades helmet of invisibility

因みにWallet用の端末にはLinuxを利用しています。これは、月並みですがWindowsと比較してウイルスに狙われることが少ないこと、エンジニアである私としては細部の動きまで追うことが可能なことが理由です。(Windowsブラックボックスな要素が強くて、、) Linuxにも様々な種類がありますが、PC環境としてはUbuntu(ver18.04)を利用しています。これは、近年非常に活発に開発が続いている点と、デスクトップパソコンとして利用しやすいということから選択しています。人によっては、RedHatCentOSの方が馴染みがあるという人もいるかもしれません。この部分は、多少なりとも個人の趣向でしょう。逆に、PC初心者はWindowsMacほどこなれていないため扱いずらいかもしれまえん。(ごめん。。)

今回あつかうADKですが、Walletは、WindowsMacLinuxそれぞれに対応しています。Linux版は、ソースコードの他にrpmdeb版も配信されており簡単にインストールが可能です。(rpmdebWindowsでいうインストーラです) ダウンロードは以下のサイトから可能です。現状は、Ver. 1.2.7 が最新ですね。Ubuntuの方は、「Aidos_1.2.7_amd64.deb」をダウンロードしてインストールしてください。

Releases · AidosKuneen/aidos-wallet · GitHub

f:id:hydech:20181104013819p:plain

インストールしたあとは、ターミナル(端末)を起動します。Ubuntu 18.04だと、左下の四角いアイコンをクリックして表示された検索ボックスに"terminal"と入力すればヒットするかと思います。
f:id:hydech:20181104015705p:plainf:id:hydech:20181104015717p:plain

ターミナル上から「aidos」というコマンドで実行しましょう。たぶんモジュールが足りない(canberra-gtk-module)というエラーがでます。

$ aidos 
Gtk-Message: 00:31:30.383: Failed to load module "canberra-gtk-module"
Error reading settings:
Settings file does not exist.
Register aidos as a default protocol

ということで、追加でモジュールをインストールしましょう。この後は普通に利用できるはずです。

$ sudo apt-get install libcanberra-gtk-module
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
  libcanberra-gtk0
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  libcanberra-gtk-module libcanberra-gtk0

はい!来ましたね。これでLinuxからも利用できますね。仮想通貨の種類によってはソースコードからのコンパイルとか必要なものもありますが、インストールパッケージがあるので簡単に利用可能ですね。
f:id:hydech:20181104015907p:plain

最後に

今回、ADKのWalletをLinuxで利用する流れを記載しました。一方で、現在ADKはstep2の開発が大詰めを迎えています。これにより、多くの機能追加が実現され、Walletも刷新される予定です。そのため、今後Walletアプリを変える必要があるかと思います。最後に付け加えておきます。

【書評】アルゴリズム取引の正体

はじめに

皆さまお久しぶりです。
随分前回の投稿から時間が経っており驚いています(笑)。今年も色々ありましたが、もうすぐで終わりですね。このブログも再開していこうかと思います。

書籍「アルゴリズム取引の正体」

私は元々エンジニアということもあり、システムトレードとか、アルゴリズムトレードに非常に興味があります。ちょうど最近、興味深い書籍が出たのでご紹介です。タイトルは、「アルゴリズム取引の正体」というものです。

この手の書籍だとパンローリングさんが非常に有名ですが、別の出版社さんなんですね。日本の出版社からというのも結構めずらしいなと思います。この手は米国が圧倒的に充実していますので。

目次

書籍の目次は以下の通りです。

この本で皆さんが興味あるのが、4章・5章かと思います。

内容

4章の「アルゴリズム取引概論」では、アルゴリズム戦略の分類ごとに紹介されています。よく知られている「裁定アルゴリズム」や、「ディレクショナル・アルゴリズム」の他には、「執行アルゴリズム」や「マーケットメイキングアルゴリズム」、「ベンチマーク執行アルゴリズム」などが紹介されています。

ディレクショナル・アルゴリズムとは、株価の値上がりや値下がりを予測して売買するアルゴリズムです。なので、多くの方が一般的に思うアルゴリズムがこれにあたります。

マーケットメイキングアルゴリズムは、市場に流動性を提供して利益を上げるアルゴリズムです。例えば、同時に90円で買い注文、110円で売り注文を出して両方約定したら20円分の鞘どりができるというものですね。他にも取引所によっては、流動性を提供する人にインセンティブを与えるところもあるので、その手数料を目的とするアルゴリズムもあります。

最近では、仮想通貨のBOTトレーディングでマーケットメイキングアルゴリズムBOTが利益を上げているとか話題になりましたね。ネットだと、この方のブログは非常にためになりますので是非。

we.love-profit.com

5章の「アルゴリズム取引戦略」は、4章で紹介した各アルゴリズムの理論を解説しています。

まとめ

元々、システムトレードをやっている人も、これからやってみようと思っている人も、体系的に広く浅く学ぶことができる良書かなと思います。何より、このような書籍が日本国内から出版されたのが嬉しく思います。皆さも、自動取引、アルゴリズム取引に挑戦してみてはいかがでしょうか。自動取引のメリットや、もちろんデメリットもいつか記事にしてみたいと思います。